真の女性活躍社会を実現するには

先日、東京大学入学式での上野千鶴子名誉教授の祝辞が、メディアでも話題となっています。

「社会には、あからさまな性差別が横行している。東大もその一つ」


本当の意味での女性活躍とは何なのか。

私たちも、営業活動の中で、担当者が「うちはトップが女性活躍に力を入れ始めてるんだよね」という言葉をよく聞きます。


社会が考える女性活躍とは、

・役員ポストに、適当な女性を入れること?

・女性が、職場復帰後もバリバリ働いていること?

・女性の産休復帰率が高いこと?

・とりあえず、女性活躍と指針を掲げること?


HPや企業広告では、如何にも女性が働きやすい環境だとみえる企業でも、実態は程遠いというのが現状です。日本は先進国の中でも女性活躍後進国である所以です。


男性と女性という性の違いを考慮した上で、これからの時代はワークライフインテグレーションの考え方が企業には益々求められます。

ワーク偏重型でもライフ偏重型でもなく、両者が重なり合う部分が大きければ大きいほど、職場でのモチベーションや生産性の向上に繋がるという考え方です。


そのために、企業はこれから社員の働き方を考えるにあたり、個人のプライベートを切り離せなくなってきています。

それは、男女の性差が関係ないものとなってきています。


私達のサービスが、まさに活用される理由です。

企業人としての生活は人生の一部分に過ぎない時代に突入しているのです。

シニア層は、その事実を受け止める必要があります。

そして若手は、上長をうまく活用して、自分の可能性を切り開く時代です。



<文・石堂里佳>