中途入社組の離職は なぜ早い?

新卒採用した社員の離職率は3年でおよそ3割だと言われることが常の状態になっている日本ですが、時間をかけて教育を施したにも関わらず戦力となった時点で離職をされることは、企業にとって大きな損失を生んでいます。


そこで、日本ではリテンションと呼ばれる優秀な人材の流出を防止する活動が行われています。


ところが現在、日本で新卒組以上に深刻な状態に陥っているのが、中途採用組の離職問題です。

その理由は、採用コストが新卒組以上にかかっているにも関わらず、退職率が増加中の傾向にあるためです。


ところで、ここでいう中途採用組とは一般的にどこのグループを指すのかのお話をします。

これまでの中途採用組というと、即戦力かつ経験豊富な人材を採用することが目的であったため、30代を中心に行われていました。

ところが、近年では、新卒採用で十分な人材が確保できない状況が続いているため、若手の中途採用が増加傾向にあります。そして、この若手の中途採用組の人材流出が激しさを増しているようです。



採用コストの損失額でいうと、中途採用でエージェントを利用している企業も多いことかと思いますが、これらを利用すると、1名採用するごとに年収の30〜40%をエージェントに対し報酬として支払う必要があります。つまり20代で年収500万円の社員を1名中途採用すると175万円前後の損失が生まれます。これに加えて、補充するための採用コストや育成コストなどを考えれば、リテンションマネジメントは、企業の死活問題に発展しかねないのです。



長期的な視点を持つ企業においては、いち早く、終身雇用や年功序列型の人事制度を見直す動きが出ています。つまり、従来より転職を生み出しやすい労働市場となっている中で、人事が社員を如何にリテンションマネジメントし続ける仕組みを提供できるかが、人材難の時代における企業の勝ち残り競争に影響すると考えられます。



<文・石堂里佳>