キャリア教育が社会を変革していく


- 人が、生涯の中で様々な役割を果たす過程で、自らの役割の価値や自分と役割との関係

を見いだしていく連なりや積み重ねが、「キャリア」の意味するところである -


これは平成23年に文部科学省の中央教育審議会答申「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について」に書かれた文である。


その後には、『一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育

てることを通して、キャリア発達を促す教育が「キャリア教育」である。

それは、特定の活動や指導方法に限定されるものではなく、様々な教育活動を通して実践される。』と続く。


現代の子供たちは、幼い頃から学校教育を通してキャリアと向き合っていく。幼児期から

高等教育まで発達段階に応じ体系的に実施されるのである。それに加え、家庭、地域・社

会、企業、経済団体、職能団体、NPO等との連携も重要な役目を担っている。


このような教育を受けた若者たちが社会に出て、企業の中に入っていく。単なる仕事とし

てのキャリアではなく人生まるごとがキャリアだと認識している若者と、企業で職業教育

を受け、仕事第一で働いてきた中高年との意識の乖離があるのは、当然のことである。



このような状況下で、企業も手をこまねいているわけではない。社内メンター制度などを

導入し、若手社員と意志の疎通を図ろうとしている。


しかし若者との乖離を埋めるためには、従来の発想をもとにした方策では難しい。若者一

人ひとりが率直な考えや意見を自由に話す場所が必要である。


社内の上司や先輩にではなく、社外において本音を話し、それを個人が特定できない形で社内にフィードバックする仕組みを導入する時代が来ている。



<文・プロフェッショナルメンター 湊真弓>