「三方よし」にみる CSR (企業の社会的責任)

 「行く春を近江の人と惜しみける」は元禄3年に俳聖芭蕉が琵琶湖のある近江の国の春の美しさを句心のある近江商人の人たちと過ごし、行く春を惜しんだ有名な俳句です。

 近江商人たちは、句会後の食事会などにおいて、芭蕉から東北地方などの旅先の各地域において払底(ふってい)したり不足している物品等の情報(いわばマーケティング情報)を得ていたと勝海舟の座談集「氷川清話」において近江商人塚本定次との対話の中で書かれています。


 近江商人とは、江戸時代から明治にかけて近江国(現在の滋賀県)に本宅(本店、本家)を置き、他国に行商して歩いた商人の総称であり、大坂商人、伊勢商人と並ぶ日本三大商人のひとつであり、関西から全国各地に行商に出かけ、反対に地方の産品を関西に運び、豪商と呼ばれるまでに発展していきました。近江商人の流れをくむ企業には、伊藤忠商事、丸紅、双日、武田薬品、西武鉄道、高島屋、日本生命、東レ、東洋紡、ワコールなどがあります。 


 近江商人は天秤棒を担ぎ、自分の足で歩いて全国各地の需要や地域による価格差などの情報を仕入れ、全国的規模の商品流通を行ったのが特徴で、こうした商いは、明治以降、日本経済が発展していく上で大きな役割を果たしたといわれています。

 

 近江商人の経営哲学の一つとして「三方よし」が広く知られています。「三方よし」とは、売り手(自企業)よし、買い手(お客様)よし、世間(社会)よしの三者得利の考え方です。つまり、よい商売のあり方は、売り手と買い手が満足することは当然のこと、社会に貢献できてこそ商売といえるという考え方です。

 ここでいう社会貢献は見返りを求めず、人知れず行うことをよしとしており、「三方よし」の心得は、社会との関わりを重視するソーシャルマーケティングの視点を含んでいることが特徴です。

 

 さて、最近において、厳しい企業間競争の中、製品管理の不備や品質検査データの偽装など売り手(企業)の不祥事報道が、後を絶たない 状況にあります。不正行為により利益を得るような経営を行っている企業はコンプライアンスを含めた企業の姿勢や取り組みを示すCSR(企業の社会的責任)に大きな課題を抱えており、当然「グッドカンパニー」とは言えず、決して長期的な成長は期待できず、機関投資家のESG(環境・社会・ガバナンス)投資の対象にもなりません。


 実際にCSRの取り組みを行っているのは、企業という組織で働く従業員であり、その従業員の満足(売り手よし=ES)なくして、買い手よし(CS)、世間よし(CSR)も成り立たないといえます。

 企業が企業価値を向上させ、永続的に栄えるサスティナブルカンパニーであるためには、企業組織において「三方よし」という経営哲学の共有化が不可欠であり、特に、売り手である従業員のスキル・能力を高め、成長意欲を促し、それらを支援する組織体制を整え、従業員満足度(ES)を高めていかなければならないと考えます。



<文・奥井泰弘>